JFT/Liteのご紹介 Introduction

集配信システムの端末側ファイル転送ツール

JFT/Liteは、集配信システムのネットワークに分散する端末や店舗側マシンにおけるファイル転送を実現するツールです。 センター・本部にJFT/Server、端末・店舗側にはJFT/Liteを導入することにより、短期間にEDIシステムを構築することが可能です。 また、企業内や企業間でのサーバ間ファイル転送アプリケーションとしての利用ももちろん可能です。

全銀TCP/IP対応製品(JFT/Server等)センター本部からネットワークへデータ送信、各店舗(JFT/Lite)から各情報をネットワークへデータ送信、そうしてEDIシステムを構築することが可能です。

JFT/Liteの特徴 Characteristic

  • 01

    全銀TCP/IP手順をサポート
    通信プロトコルは、国内標準である全銀TCP/IP手順を採用しています。
    よって、通信相手はJFT/Serverに限らず、同プロトコルをサポートしている
    アプリケーションであれば、導入後すぐにファイル転送を行うことができます。
  • 02

    「軽量」「高機能」プログラム
    JFT/Liteは、クライアントアプリケーションとして稼動することを前提として開発されています。
    そのため、ハイスペックなマシンを必要としません。軽量ではあるものの、
    JFT/Serverの機能をしっかりと継承して優れた機能をご提供します。
  • 03

    「簡単」インターフェイス
    わかりやすいGUIインタフェースによって、簡単な設定でファイル転送がすぐに行えます。
  • 04

    手頃な価格
    手軽にご利用いただけるよう、安価なお値段にて提供しております。

サーバ間のファイル転送では、FTPだけでは重要なファイルを転送する上で
信頼性や機能性に問題が発生する場合があります。
JFT/Liteをファイル転送に利用することにより、
その問題が解決されます。

JFT/Liteの利用形態 Utility form

JFT/Liteは、お客様のシステム形態に合わせた様々な方法でご利用いただけます。

  • 集配信システムの
    端末側ソフトとして

    • 支店/工場/店舗端末
    • POS端末 etc...
  • ファイル転送
    ツールとして

    • 企業内/企業間ファイル転送
    • VANサービス etc...
  • ファイル交換
    サーバとして

    • 小規模な簡易
      集配信システム etc...