JFT/Serverリリース一覧 Release Note

バージョン情報

JFT/Server Version 9.0.0

メジャーバージョンアップ
リリース日: 2018/9/3
Version 8.0.0からの主な機能追加

■[F900001]Java8対応
Java8 で動作するよう対応しました。
■[F900002]DBMaster5.4対応
DBMaster5.4をバンドルしました。
■[F900003]全銀TLS手順対応
一般社団法人情報サービス産業協会(JISA)の定めた全銀協標準通信プロトコル(TCP/IP手順・広域IP網)に対応しました。
■[F900004]稼働環境追加
対応OSに、RedHat Enterprise Linux 7を追加しました。
■[F900005]稼働環境追加
対応OSに、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2016を追加しました。
■[P001024]HULFT複数起動対応
HULFTを複数台起動した場合のマスタ連携機能、及び集配信連携機能を追加しました。

Version 8.0.0からの主なバグフィックス

■[F000816]ブラウザからのダウンロードでファイルの内容がブラウザに表示される不具合を修正
WebEDI端末起動配信において、ファイルの拡張子をTXTにした場合に、WebEDI画面から該当ファイルをダウンロードするとファイルの内容がブラウザに表示される不具合を修正しました。
■[F000947]業務スケジュールメンテナンス画面のタイトルが正しくない不具合を修正
業務スケジュールメンテナンス画面のタイトルが「業務ID」となっている不具合を修正しました。
■[F000971]稀に論理ACKを待たずにデータ送信を行う不具合の修正
全銀TCP/IP手順で論理ACKを待つべき時に、待たずにデータ送信してしまうことがある不具合を修正しました。
■[F000981]AS2端末起動集信時のセッションログの値が間違っている不具合を修正
AS2端末起動集信のセッションログのセッション終了日時と通信開始日時の値が逆になっていた不具合を修正しました。
■[F000983]処理管理がクリーンナップされない不具合の修正
配信が失敗した場合、処理管理情報の保存日時が正しく更新されず、クリーンナップ処理で削除されない不具合を修正しました。
■[F000984]監視タイマー値で発着信スケジューラが動作しない不具合の修正
随時集配信登録が行われていると、監視タイマ値の時間が過ぎても時刻待ちのファイルが起動されないことがある不具合を修正しました。
■[F000993][F001000]設定値よりも短い時間でタイムアウトが発生する不具合の修正
Javaスプリアスウェイクアップにより、稀にJFTが起動しない、回線が切断されない、設定時間よりも短い時間でタイムアウトする不具合を修正しました。
■[F000994]クリーンナップ中に端末起動集信が失敗する不具合を修正
DBMaster利用環境でクリーンナップ処理中に、クリーンナップ対象と同一の端末ID、運用ファイルIDの全銀もしくはJCAの端末起動集信を行うと、タイムアウトとなることがある不具合を修正しました。
■[F000998]マスタ登録コマンドでエラーメッセージが正しく出力されない不具合を修正
マスタ登録コマンドで業務情報を登録する際に、「(配信マージ時)ジョブチェイン対象」の項目不正時のエラーメッセージが正しく表示されない不具合を修正しました。
■[F000999]HULFTの通信エラーがJFTで検知できない不具合の修正
HULFTの後続バッチ内でJFTに情報連携するための一時ファイルの作成に失敗した場合、原因を特定するためのエラーが検出できない不具合を修正しました。
■[F001002]配信物理マージと待合起動の同時実行で待合起動に失敗する不具合の修正
同じファイルに対する物理マージと待合起動が同時に行われた場合、デッドロックによりAOが再起動し待合起動処理が失敗する不具合を修正しました。
■[F001003]待合起動で通信が起動しない不具合の修正
デッドロックなど待合起動に失敗した場合のリカバリ処理で、待合起動正常にリカバリされないことがある不具合を修正しました。
■[F001005]通信と配信物理マージの同時実行で、稀にどちらかの処理が失敗する不具合の修正
同じファイルに対する通信起動処理と配信物理マージが同時に行われた場合に稀にデッドロックが発生し、どちらかの処理がエラーとなる不具合を修正しました。
■[F001006]SMTPサーバへの接続失敗後にメールが送信できない不具合の修正
SMTPサーバへの接続に2回以上失敗した場合に、以降のメール送信が行えなくなる不具合を修正しました。
■[F001009]ファイルステータスが配信完了に更新されない不具合の修正
ファイルダウンロード完了時に、ステータスが配信通信中から配信完了に更新されないことがある不具合をを修正しました。
■[F001011]ジョブチェインの起動が遅延する不具合の修正
ジョブチェインの同時起動が頻繁に行われた場合、同時実行の計算方法に問題がありジョブチェインの起動が遅延する不具合を修正しました。
■[F001015]HULFTサイクル管理あり時にマスタ更新、削除が出来ない不具合の修正
HULFTサイクル管理ありで、同一運用ファイルIDが存在するファイル情報の更新、削除が出来ない不具合を修正しました。
■[F001016]HULFTの転送グループ登録に失敗する不具合の修正
HULFTの転送グループ登録時にファイル情報に含まれる転送グループIDが1001種類以上ある場合にORA-01795が発生する不具合を修正しました。
■[F001018]HTMLヘルプのタイトルと内容が合っていない問題を修正
HTMLヘルプのタイトルと内容が合っていないページを修正しました。
■[F001020]HULFTサイクル日単位削除で意図していないエラーが出力される不具合を修正
HULFTサイクル管理日単位削除処理で、DELETEステータスの該当ファイルが存在した場合にエラーログが出力されてしまう不具合を修正しました。
■[F001023]稀に処理管理のステータスが更新されない不具合を修正
高負荷状態など処理管理に時間がかかった場合、正しくステータスの更新がされないことがある不具合を修正しました。
■[F001031]クリーンナップDIRの実行に失敗する不具合を修正
集信マージディレクトリ配下にフォルダが存在した場合、クリーンナップDIRの実行に失敗する不具合を修正しました。
■[F001036]ログ出力やマスタ登録などの運用操作が行えなくなる不具合を修正
スプリアスウェイクアップが発生したことにより、稀にログ出力や運用操作が行えなくなる不具合を修正しました。
■[F001037]終了電文受信直後の通信エラーでファイル不成立になる問題を改善
JCAにて終了電文受信直後に回線切断されるとファイル不成立になる不具合を修正しました。
■[F001039]端末起動配信でファイルの追い越しが発生する不具合を修正
マルチファイル伝送、サイクル管理ありの端末起動配信でファイルの追い越しが発生する不具合を修正しました。
■[F001040]非同期MDNを送信できない場合に、HTTPステータスコード500を返すように修正
AS2メッセージの受信に失敗し、非同期MDNを送信できない場合に、HTTPステータスコード200を返していましたが、HTTPステータスコード500を返すように修正しました。
■[F001041]MDNのgzip圧縮で不正な圧縮が行われる不具合を修正
JFTからのMDNをgzip圧縮した際に不正な圧縮が行われ、受信側で解凍できない不具合を修正しました。
■[F001043]通信完了時に稀にデッドロックが発生し二重配信が行われる不具合を修正
DBMaster利用時に通信完了後に稀にデッドロックが発生し二重配信が行われる不具合を修正しました。
■[F001046]端末起動配信が配信セッション中のままとなる不具合を修正
端末起動配信においてファイルが配信されたにもかかわらず、ステータスが配信セッション中のままとなる不具合を修正しました。
■[F001047]デブロッキングサイズの設定が正しく行われない不具合を修正
全銀BSCの汎用端末情報において、タイプが「blocking.size」以外のレコードを追加しても、その値でデブロッキングされる不具合を修正しました。
■[F001049]待合起動再指示処理で無限ループが発生する不具合を修正
配信マージ方式に物理マージを指定したリトライオーバファイルがある状態で、コマンドやスケジュールより待合起動を同時に複数回実行すると無限ループが発生し、通信が不能になる不具合を修正しました。
■[F001052]配信物理マージ中に待合起動を実行すると配信されない不具合を修正
配信物理マージ中に該当ファイルを待合起動すると、ファイルが配信登録されているにもかかわらず、配信されない不具合を修正しました。
■[F001053]ファイルの複数同時集信に稀に失敗する不具合を修正
DBMaster利用時にファイルを複数同時に集信すると、稀にデッドロックが発生し、いずれかのファイルが通信失敗となる不具合を修正しました。
■[F001057]配信物理マージ中の配信要求で稀に通信に失敗する不具合を修正
配信物理マージ中の端末起動配信ファイルに配信要求が来た場合に、稀にデッドロックが発生し、通信が行われない不具合を修正しました。
■[P001044]JCA 通信完了直後の回線断で後続通信が不能になる不具合を修正
JCAのセンター起動集信にて終了電文受信直後に回線切断されると同じ通信AOで通信が行えなくなる不具合を修正しました。
■[P001054]稀に論理ACK待ちタイムアウト後に後続通信が不能になる不具合を修正
論理ACK待ちのタイムアウト直後に当該AOで後続の通信が行われた場合に、稀にステータスが起動済みの状態のまま処理が止まり、通信が行われなくなる不具合を修正しました。

一覧へ戻る